尝试在Azure上安装Wiki工具”Crowi-Plus”

“Crowi-Plus” 是什么?

Crowi是一个可用Markdown编写的维基百科。
“Crowi-Plus”是基于Crowi进行改进的版本。

在公司内部,我们使用Microsoft Word来管理参考资料等,但是我们正在寻找能够将其转化为Wiki并以MarkDown格式输入的方法,于是我们发现了Crowi,并且了解到它还有一个进阶版本。
对于公司内部的Wiki,尤其是API规范书等,这似乎是一个非常合适的系统。

由于通常情况下,我们更多地使用Windows Server,所以这是我第一次搭建CentOS,并且可能存在一些不同之处,但我已经准备好了构建步骤。

形象

ダウンロード (6).png

请参阅

最强大的维基“Crowi”的分支,“crowi-plus”的发布故事
在CentOS上安装Crowi
向Crowi-Plus添加插件的方法

互相依赖

依赖项

Node 6.x(请勿使用7.x)
npm 4.x(请勿使用5.x)
yarn
MongoDB 3.x

可选依赖项

Redis 3.x
ElasticSearch 5.x(在使用全文搜索时需要)
注意:以下插件为必需
Japanese(kuromoji)分析插件
ICU分析插件

在Azure上部署CentOS。

    Azure Portalに接続してリソースグループを作成
WS000000550.JPG
項目値リソースグループ任意:CROWI場所任意:東日本
    • 作成したリソースグループ内でVMを追加する

 

    今回は、CentOS7.4を選択、デプロイモデルは、Resource Managerを選択
WS000000551.JPG
    作成するサーバ情報の設定
WS000000552.JPG
項目値コンピュータ名任意:SVAZCROWIVMディスク種類任意:HDDユーザ名任意:crowiadmin認証の種類任意:パスワードパスワード任意:任意のパスワードリソースグループ任意:作成したグループ
今回は、CROWI場所任意:東日本
    作成するサーバのサイズの設定
WS000000553.JPG
項目値サイズ任意:B2s Standard

※ 我选择标准 B2s 是因为它可以连接到高级存储,所以以后可以进行扩容,尽管这次我选择使用 HDD 进行创建。

    その他設定
WS000000555.JPG
項目値可用性セットなし管理ディスクあり診断ディスクなしバックアップなし
    • VMを作成実行が完了したら、sshを自分のグローバルアドレスのみ接続可能に変更

 

    • 作成されたネットワークセキュリティグループ(SVAZCROWI-nsg)を開き、「default-allow-ssh」を選択する。

 

    ソースをanyから「IP Addresses」を選択し、ソースIPアドレスに、自身のグローバルアドレスを入力して保存する。
ダウンロード (1).png
項目値変更ソースIP Addresses〇ソースIPアドレス自身のグローバルアドレス〇ソースポート*-宛先Any-宛先ポート範囲22-プロトコルTCP-アクション許可-優先度1000-名前default-allow-ssh-
    許可ポートの追加

点击“追加”,设置允许的附加端口。

項目値ソースIP AddressesソースIPアドレス自身のグローバルアドレスソースポート*宛先Any宛先ポート範囲3000プロトコルTCPアクション許可優先度100名前Port_3000

安装操作

在Tera Term上的连接

    • この後の作業は、Tera Termを使って行います。

 

    • Tera Termをインストールしていなければ、インストールしてください。

 

    作成したVMの概要から接続を押し、sshの後ろの部分をコピーする。
ダウンロード (3).png
    Tera Termのホスト欄にコピーを張り付ける。
WS000000567.png

更新

$ sudo yum update 

安装nano

    vi でもrepoを作成できますが、nanoが便利なのでインストールします。
$ sudo yum install git wget nano

安装Node.js

    Node.js(6.x系)をインストールします。
$ sudo yum install -y epel-release
$ sudo yum group install "Development Tools"
$ curl --fail -sSL -o setup-nodejs https://rpm.nodesource.com/setup_6.x
$ sudo bash setup-nodejs

安装Redis

    Redisのインストール
$ sudo yum -y install epel-release
$ sudo yum -y install redis
    Redisの起動と自動起動設定
$ sudo systemctl start redis
$ sudo systemctl enable redis

安装MongoDB

    /etc/yum.repos.d/mongodb-org.repo 作成
$ sudo nano /etc/yum.repos.d/mongodb-org.repo
    nanoが開いたら 以下を貼り付けて保存
[mongodb-org-3.6]
name=MongoDB Repository
baseurl=https://repo.mongodb.org/yum/redhat/$releasever/mongodb-org/3.6/x86_64/
gpgcheck=1
enabled=1
gpgkey=https://www.mongodb.org/static/pgp/server-3.6.asc
    MongoDB本体のインストール
$ sudo yum install -y mongodb-org
    MongoDBの起動と自動起動設定
$ sudo systemctl start mongod
$ sudo systemctl enable mongod

安装Elasticsearch插件。

    Javaのインストール
$ sudo yum install -y java-1.8.0-openjdk
    /etc/yum.repos.d/elasticsearch.repoの作成
$ sudo nano /etc/yum.repos.d/elasticsearch.repo
    nanoが開いたら 以下を貼り付けて保存
[elasticsearch-5.x]
name=Elasticsearch repository for 5.x packages
baseurl=https://artifacts.elastic.co/packages/5.x/yum
gpgcheck=1
gpgkey=https://artifacts.elastic.co/GPG-KEY-elasticsearch
enabled=1
autorefresh=1
type=rpm-md
    Elasticsearchプラグイン本体のインストール
$ sudo yum install -y elasticsearch
    日本語検索プラグイン(kuromoji & ICU(International Components for Unicode))もインストール
$ sudo /usr/share/elasticsearch/bin/elasticsearch-plugin install analysis-kuromoji
$ sudo /usr/share/elasticsearch/bin/elasticsearch-plugin install analysis-icu
    Elasticsearchプラグインの起動と自動起動設定
$ sudo systemctl start elasticsearch
$ sudo systemctl enable elasticsearch

安装yarn

$ sudo wget https://dl.yarnpkg.com/rpm/yarn.repo -O /etc/yum.repos.d/yarn.repo
$ sudo yum -y install yarn

NPM的更新。

$ sudo npm install -g npm@4.6.1

安装Crowi-Plus。

    今回は /opt/crowi-plus ディレクトリにインストールします。
$ cd /opt
$ sudo git clone -b v2.3.8 https://github.com/weseek/crowi-plus.git
$ cd crowi-plus
$ sudo yarn

由于v2.4.0在2018/02/10时成为了RC版本,所以我选择了v2.3.8。但如果你不需要指定版本,可以去掉“-b v2.3.8”。

    環境パラメータの作成( /etc/sysconfig/crowi )
$ sudo nano /etc/sysconfig/crowi

    nanoが開いたら 以下を貼り付けて保存
PORT=3000
NODE_ENV=production
MONGO_URI="mongodb://localhost:27017/crowi"
REDIS_URL="redis://localhost:6379/crowi"
ELASTICSEARCH_URI="http://localhost:9200/crowi"
#SECRET_TOKEN=
PASSWORD_SEED="`openssl rand -base64 128 | head -1`"
FILE_UPLOAD=local
    自動起動パラメータの作成( /etc/systemd/system/crowi.service )
$ sudo nano /etc/systemd/system/crowi.service
    nanoが開いたら 以下を貼り付けて保存
[Unit]
Description=Crowi
After=network.target mongod.service

[Service]
WorkingDirectory=/opt/crowi-plus
EnvironmentFile=/etc/sysconfig/crowi
ExecStart=/usr/bin/npm start

[Install]
WantedBy=multi-user.target
    サービスの読み込み
$ sudo systemctl daemon-reload

安装crowi-plus-lsx插件。

sudo yarn add crowi-plugin-lsx
sudo npm start

启动Crowi-Plus

    Crowi-Plusの起動と自動起動設定
$ sudo systemctl start crowi
$ sudo systemctl enable crowi

使用浏览器访问Crowi-Plus页面。

    • http://アドレス:3000 をブラウザで開く

 

    開いたら管理者アカウントの作成が表示されるので、必要情報を入力し、作成する。
ダウンロード.png
    一旦作成した管理者アカウントでログインを行う。
ダウンロード (4).png
    ログイン後、設定等を行う。
ダウンロード (12).png

可以确认已经安装了插件。

只需在用户管理中添加用户,就可以使用了。