Windows 10にPythonをインストールする方法

イントロダクション

パイソンプログラミング言語は、初心者から経験豊富な開発者まで、ますます人気のある選択肢です。柔軟性と多様性に富んだPythonは、スクリプティング、自動化、データ分析、機械学習、バックエンド開発などの分野で強みを持っています。

このチュートリアルでは、Windows 10にPythonをインストールする方法を紹介します。Pythonインストーラーを使用してWindowsにPythonをインストールします。

Info

GitHubを使用して、Silicon Cloud App Platformからフロントエンドアプリケーションを展開してください。Silicon Cloudにアプリのスケーリングに集中させましょう。

Note

注意:もしウェブ開発にPythonを使用したい場合、マイクロソフトはWindows Subsystem for Linuxを使ってPythonをインストールすることを推奨しています。

前提条件

Windows 10を動作させ、管理者権限を持ち、インターネット接続が必要です。

ステップ1 – Pythonインストーラのダウンロード

    1. Windows用の公式Pythonダウンロードページにアクセスしてください。

安定したPython3リリースを見つけてください。このチュートリアルはPythonバージョン3.10.10でテストされました。

システムに適したリンクをクリックして、実行ファイルをダウンロードしてください: Windowsインストーラー(64ビット)またはWindowsインストーラー(32ビット)。

ステップ2- 実行可能なインストーラーを実行する

    1. インストーラーをダウンロードした後は、例えばpython-3.10.10-amd64.exeのような拡張子が.exeのファイルをダブルクリックしてPythonのインストーラーを実行します。

すべてのユーザーがコンピューター上のPythonランチャーアプリケーションにアクセスできるようにするために、「すべてのユーザーのためにランチャーをインストール」チェックボックスを選択します。

コマンドラインからPythonを起動できるようにするために、「python.exeをPATHに追加」チェックボックスを選択します。

Pythonのインストール手順でダイアログに説明されているデフォルトの機能でPythonをインストールしたい場合は、「今すぐインストール」をクリックして「ステップ4 – Pythonのインストールを確認する」に進んでください。オプションの進んだ機能をインストールする場合は、「カスタマイズインストール」をクリックし続けてください。

オプションの機能には、Pythonのための一般的なツールやリソースが含まれており、それらを使用する予定がなくてもすべてをインストールすることができます。

次のオプションのいくつかまたはすべてを選択してください。

ドキュメント:推奨
pip:NumPyやpandasなどの他のPythonパッケージをインストールしたい場合は推奨
tcl/tkとIDLE:IDLEを使用するか、IDLEを使用するチュートリアルに従う予定がある場合は推奨
Pythonテストスイート:テストや学習に推奨
py launcher と for all users:コマンドラインからPythonを起動するためにすべてのユーザーに推奨

次へをクリックしてください。

高度なオプションのダイアログが表示されます。

要件に合わせたオプションを選択します。

すべてのユーザーのためにインストール:このコンピューターに複数のユーザーがいる場合は推奨
Pythonとファイルを関連付ける:すべてのPythonファイルタイプをランチャーまたはエディターに関連付けるために推奨
インストールされたアプリケーションのショートカットを作成:Pythonアプリケーションのショートカットを有効にするために推奨
Pythonを環境変数に追加:Pythonを起動するために推奨
標準ライブラリの事前コンパイル:必要ではなく、インストールを遅くする可能性があるため不要
デバッグシンボルをダウンロードすると、デバッグバイナリをダウンロードする:CまたはC++の拡張を作成する予定の場合のみ推奨

後で参照する必要がある場合にPythonのインストールディレクトリをメモしておいてください。

インストールを開始するために、インストールをクリックしてください。

インストールが完了したら、「セットアップは成功しました」というメッセージが表示されます。

ステップ3 — 環境変数にPythonを追加する(任意)

インストールの際に環境変数にPythonを追加するオプションを選択した場合は、この手順をスキップしてください。

インストール中に環境変数にPythonを追加しなかった場合でも、コマンドラインを介してPythonにアクセスしたい場合は、手動で設定することができます。

始める前に、システム上でPythonのインストールディレクトリを見つけてください。以下のディレクトリパスは、デフォルトの例です。

  • C:\Program Files\Python310: if you selected Install for all users during installation, then the directory will be system wide
  • C:\Users\Sammy\AppData\Local\Programs\Python\Python310: if you didn’t select Install for all users during installation, then the directory will be in the Windows user path

異なるバージョンをインストールした場合、フォルダ名は異なる可能性がありますが、それは依然として「Python」で始まります。

    1. スタートメニューに移動し、検索バーに「高度なシステム設定」と入力します。

「高度なシステム設定を表示」をクリックします。

システムのプロパティダイアログで、[高度]タブをクリックし、次に[環境変数]をクリックします。

インストール方法によって異なります:

インストール時に「すべてのユーザーにインストール」を選択した場合、システム変数のリストから「Path」を選択し、[編集]をクリックします。
インストール時に「すべてのユーザーにインストール」を選択しなかった場合、ユーザー変数のリストから「Path」を選択し、[編集]をクリックします。

[新規]をクリックし、Pythonのディレクトリパスを入力し、すべてのダイアログを閉じるまで[OK]をクリックします。

ステップ4 — Pythonのインストールを確認する。

Pythonのインストールが成功したかどうかは、コマンドラインまたは統合開発環境(IDLE)アプリを通じて、インストールした場合に確認することができます。

スタート画面に移動し、検索バーに「cmd」と入力してください。コマンドプロンプトをクリックしてください。

コマンドプロンプトに次のコマンドを入力してください。

python --version

以下は出力の例です:

Output

Python 3.10.10

IDLEアプリケーションを開くことで、Pythonのバージョンも確認できます。スタートをクリックし、検索バーにpythonを入力してからIDLEアプリをクリックしてください。例えば、IDLE(Python 3.10 64-bit)と表示されます。

Verify if Python is installed using IDLE app

Pythonでコーディングを始めることができます。IDLEやお好みのコードエディタを使用してください。

結論

PythonをWindows 10のコンピュータにインストールし、Pythonの学習とプログラミングを始める準備が整いました。次に、Python 3で最初のプログラムを書いて、さらなるPythonチュートリアルで学びを進めることができます。

コメントを残す 0

Your email address will not be published. Required fields are marked *