MemcachedのTelnetコマンドの例

過去の投稿では、Mac OSとUnixシステムにMemcachedサーバーをインストールする方法について学びました。その後、Mac OSでMemcachedサーバーをデーモンプロセスとして起動する方法に取り組みました。このチュートリアルでは、Memcachedサーバーの健全性をチェックするために使用できるいくつかの基本的なMemcached telnetコマンドについて説明します。これらのコマンドはデバッグの目的で非常に役立ち、telnetがインストールされた任意のオペレーティングシステムから使用することができます。UNIXシステムを使用している場合、ps -eaf | grep memcachedコマンドを使用すると、Memcachedサーバーが実行されているポートを取得できます。たとえば、私のUNIXシステムでこのコマンドを実行すると、以下の出力が得られます。

$ ps -eaf | grep memcached
503 55442 55296   0   0:00.15 ttys000    0:00.22 memcached -p 11111 -vv
503 58945 56875   0   0:00.01 ttys003    0:00.01 grep memcached
$

MemcachedサーバーはTCPポート11111で動作しており、詳細モード(-vv)で実行されています。デーモンプロセスとして実行する場合は、起動コマンドで-dオプションを使用してください。

メモキャッシュのTelnetコマンド

テルネットを使用してmemcachedサーバーに接続し、セッションを開始するために:

$ telnet localhost 11111

Telnetを使用してMemcachedサーバーにデータを保存する。

set KEY META_DATA EXPIRY_TIME LENGTH_IN_BYTES

テルネットを介してMemcachedからデータを取得するには:

get KEY

既存のキーを上書きするには:

replace KEY META_DATA EXPIRY_TIME LENGTH_IN_BYTES

鍵を削除するには:

delete KEY

サーバーの統計情報を取得するために

stats
stats items
stats slabs

キャッシュデータをクリアするためには、

flush_all

テルネットセッションを終了するためには。

quit

Memcached サーバーの Telnet の例を示します。

$ telnet localhost 11111
Trying ::1...
Connected to localhost.
Escape character is '^]'.
set Test 0 100 10
JournalDev
STORED
get Test
VALUE Test 0 10
JournalDev
END
replace Test 0 100 4
Temp
STORED
get Test
VALUE Test 0 4
Temp
END
stats items
STAT items:1:number 1
STAT items:1:age 19
STAT items:1:evicted 0
STAT items:1:evicted_time 0
STAT items:1:outofmemory 0
STAT items:1:tailrepairs 0
END
flush_all
OK
get Test
END
version
VERSION 1.2.8
quit
Connection closed by foreign host.
$
memcached telnet commands example, memcached set, get, flush_all, stats example
コメントを残す 0

Your email address will not be published. Required fields are marked *