Linuxの「psコマンド」- 20実際の例

プロセスステータス(PS)コマンドは、Linuxシステムで実行中のプロセスに関連する情報を表示または表示するために使用されるコマンドラインユーティリティです。Linuxはマルチタスキングおよびマルチプロセッシングシステムであるため、複数のプロセスが相互に影響を与えることなく同時に実行できます。PSコマンドは、現在実行中のプロセスとそのPIDならびに他の属性を一覧表示します。このガイドでは、PSコマンドの使用方法に焦点を当てます。プロセスに関する情報は、/procファイルシステムにある仮想ファイルから取得されます。

引数なしのpsコマンド

引数なしのpsコマンドは、現在のシェルで実行中のプロセスを一覧表示します。

ps
ps command

異なる形式で実行中のプロセスを表示することを見る

ps -e command

端末に関連づけられたプロセスを表示する。

ps -T command

ターミナルに関連付けられていないプロセスを表示する。

ps -a command

全ての現在実行中のプロセスを表示してください。

すべての現在のプロセスを表示するには、実行してください。

ps -ax
ps -ax command

BSD形式で全てのプロセスを表示する。

BSD形式でプロセスを表示したい場合は、実行してください。

ps au 

または

ps aux
ps aux

フルフォーマットリスティングを実行する。

完全なフォーマットのリストを表示するには、実行してください。

ps -ef 

それか

ps -eF
ps -ef command

ユーザーに基づいてプロセスをフィルタリングする。

特定のユーザーに関連するプロセスを一覧表示する場合は、-uフラグを使用してください。

ps -u user

例えば

ps -u jamie
ps-u username command

スレッドプロセスによるフィルタ処理を行います。

特定のプロセスのスレッドを知りたい場合は、PIDの後に-Lフラグを使用してください。例えば

ps -L 4264
ps -L PID command

ルート権限で実行されているすべてのプロセスを表示してください。

rootユーザーが実行しているすべてのプロセスを表示したい場合があることがあります。これを実現するためには、次のコマンドを実行してください。

ps -U root -u root
ps-processes-owned-by-root

グループプロセスを表示する

ある特定のグループに関連するすべてのプロセスをリストにする場合

ps -fG group_name

以下の文章を日本語で言い換えてください(1つの選択肢で構いません)。
「またね」

ps -fG groupID

たとえば

ps -fG root
ps -fG group_name

検索プロセスのPIDを検索します。 (Kensaku purosesu no PID o kensaku shimasu)

通常、プロセスのPIDを把握することはありませんが、プロセスのPIDを検索することができます。

ps -C process_name

例えば、

ps -C bash
ps -c processname

PIDによるプロセスの一覧表示

PID として表示されることが示されているプロセスを表示できます。

ps -fp PID

例えば

ps -fp 1294
ps -fp PID command

木の図式でプロセスの階層を表示する。

通常、ほとんどのプロセスは親プロセスからフォークされます。この親子関係を知ることは便利です。以下のコマンドは、名前がapache2であるプロセスを検索します。

ps -f --forest -C bash
ps -f --forest -C command

親プロセスの子プロセスを表示する

例えば、Apacheに所属するすべてのフォークプロセスを表示したい場合は、実行してください。

ps -o pid,uname,comm -C bash
ps -o pid,uname,comm -C command
ps --ppid PID no.

たとえば

ps --ppid 1294
ps --ppid PID no. command

プロセスのスレッドを表示する

psコマンドは、プロセスとともにスレッドを表示するために使用することができます。以下のコマンドは、PID pid_noを持つプロセスが所有するすべてのスレッドを表示します。

ps -p pid_no -L

例えば、

ps -p 1294 -L 
ps -p pid_no -L

特定の列のリストを表示する

必要な列のみを表示するために、psコマンドを使用することができます。例えば、

ps -e -o pid,uname,pcpu,pmem,comm
ps -e -o pid,uname,pcpu,pmem,comm

列ラベルの名称変更

列ラベルをリネームするために、以下のコマンドを実行してください。

 ps -e -o pid=PID,uname=USERNAME,pcpu=CPU_USAGE,pmem=%MEM,comm=COMMAND
ps rename columns

プロセスの経過時間を表示する。 (Purosesu no keika jikan wo hyōji suru)

経過時間は、プロセスが稼働している期間を指します。

ps -e -o pid,comm,etime
ps -e -o pid,comm,etime

grepを使ったpsコマンドの使用

psコマンドは、grepコマンドと一緒に使用して特定のプロセスを検索することができます。例えば、

ps -ef  | grep systemd
ps and grep command
コメントを残す 0

Your email address will not be published. Required fields are marked *