C言語におけるデータ型と修飾子

Data Types In C

C言語におけるデータ型

Cプログラムでは、さまざまなデータ型を使用してプログラム内のデータを格納することができます。整数、小数、文字(アルファベット)、文字列(単語や文章)、リストなどのデータを、さまざまなデータ型を使用して格納することができます。変数(識別子)に格納するデータのデータ型を指定する必要があります。この概念の説明と基本的な使用法は以下に示します。データ型と修飾子には、この記事では扱われていない詳細な技術的な詳細があります。Cには2つのデータ型のカテゴリがあります。

1. 原始(プライマリ)データ型

Cプログラミングで使用される基本データを格納するデータ型です。

    1. int(整数)

 

    整数の値を保存するために使用されます。GCCコンパイラ(32ビット)でコンパイルされたCプログラムは、-2147483648から2147483647までの整数を保存することができます。intのサイズはコンパイラに依存します。GCCのような32ビットコンパイラでは4バイトが必要です。
int myIntegerValue = 100;
    1. char

 

    「char」とは、数字や記号、特殊文字などを含む単一の文字(’a’、’Z’、’@’など)を格納するためのものです。各文字を格納するのに1バイト(8ビット)が必要です。
char myCharacter = 'A';

注意:それぞれの文字には、-128から127までの対応するASCII値があります。数字の文字もそれぞれの対応するASCII値を持ちます。例えば、文字としての’1’はASCII値49を持ち、’A’はASCII値65を持ちます。6桁までの精度で実数を格納します。4バイトのメモリを使用し、浮動小数点数とも呼ばれます。

float myFloatingValue = 100.6543;
    1. 倍精度

 

    実数を15桁までの精度で格納します。8バイトのメモリを使用します。
double myDoubleValue = 180.715586;

2. 派生とユーザー定義データ型

これらは、基本データ型の集合または組み合わせによって作成されるため、派生データ型として知られています。詳細は、以下の各トピックに専念した記事で説明されます。

  • Array
  • Structure
  • Union
  • Enum
  • Pointer

C言語における修飾子

C言語では、intやcharのデフォルトのプロパティを変更するためのキーワードがあります。以下に、C言語で使用される4つの修飾子があります。

Modifiers In C
    短い整数値を-32768から32767までの範囲で保存するようにユーザーを制限しています。これはintデータ型のみで使用することができます。
short int myShortIntegerValue = 18;

 

    ユーザーは、-9223372036854775808から9223372036854775807までの非常に大きな数(9000000000000000000兆のようなもの)を格納することができます。”long int”の代わりに”syntax long long”が使用されます。
long long myLongIntegerValue = 827337203685421584;
    1. 署名済

 

    指定された修飾子がない場合、intおよびcharデータ型のデフォルトの修飾子です。ユーザーは負の値と正の値を格納できると述べています。
signed int myNegativeIntegerValue = -544;
signed int mypositiveIntegerValue = 544;
/* Both of the statements have same meaning even without "signed" modifier*/
    1. 符号なし

 

    ユーザーが指定されたデータ型(intとchar)に正の値のみを格納する意図を持っている場合。
unsigned int myIntegerValue = 486;

要約:

データ型の基本的な使用方法を理解することは、コーディングやロジックの開発において重要です。データ型についてはさらに多く学ぶことができますが、提供された情報でCプログラミングの道を容易に進めることができます。

コメントを残す 0

Your email address will not be published. Required fields are marked *